『ゼルダの伝説』の続報

 年内発売予定のゲームキューブ用ソフト『ゼルダの伝説 トワイライト プリンセス(邦題不明)』について、世界設定や序盤のストーリーなどが明かされた。

続きを読む
[PR]
# by tnf_blog | 2005-05-20 10:18 | NGC

Wi-Fiコネクションの対応ソフト発表

 ニンテンドーDSのネットワークサービス、「Wi-Fiコネクション」について、その対応ソフトが発表された。まず任天堂は『マリオカートDS』と『どうぶつの森DS』のサービスを年内に開始すると発言。

 『マリオカートDS』では最大で8人が同時にプレイすることが可能で、E3でも体験できるとのこと。『どうぶつの森DS』では遠く離れた村にすむ友人が尋ねてきたりすることが可能だという。

 このオンラインサービスは基本的に無料で利用できる(サードパーティは課金する可能性もある)上に、接続も簡単なので新しいコミュニケーションの形として注目されている。

 また現在25社のゲームメーカーが対応ソフトを開発中とのことで、その中にはコナミやナムコ、コーエーなど日本の有名メーカーも含まれている。

ニュースソース
ファミ通.com:【任天堂】『マリオカートDS』、『どうぶつの森DS』のオンラインサービスは今年末から!
[PR]
# by tnf_blog | 2005-05-18 13:47 | NDS

超小型GBA、ゲームボーイマイクロ公開

 最近、何度か噂になっていた新型ゲームボーイアドバンス。カンファレンスで、その噂の真相が明かされた。ゲームボーイSPに続く、新型GBA「ゲームボーイマイクロ」である。

 公開されたゲームボーイマイクロはアドバンスと同じ横長の形で、大きさは長さ約10cm、高さ約5cm、厚さは1.8cmとiPod miniより少し大きい程度だという。

 また画面はバックライトを搭載しており、GBASP以上に綺麗な描画可能とのこと。動力はGBASPとおなじリチウムイオンバッテリー。充電時間や、連続稼動時間などは不明。

 そのほか特徴としては外装が取り外し可能になっていること。これにより携帯電話で行うような着せ替えができるようだ。

 さて、このゲームボーイマイクロ、どういった位置づけのハードなのかまだよく分からないが、おそらくはファミコンにおけるニューファミコンのような存在になるのではないだろうか。

 なお、ゲームボーイマイクロは今年秋発売予定。

2005-05-18-13:30追記

 任天堂ホームページによると「GAMEBOY micro」は「ゲームボーイミクロ」と読むらしい。いや、違うだろそれ(まだ仮称だけど)。

ニュースソース
ファミ通.com:【任天堂】超小さい! ゲームボーイMicroが電撃発表!
Nintendo iNSIDE:「ゲームボーイマイクロ」情報総まとめ
任天堂ホームページ:GAMEBOY micro
[PR]
# by tnf_blog | 2005-05-18 08:43 | GBA

レボリューションがついに公開

 マイクロソフト、ソニーが相次いで次世代機を発表する中、ついに任天堂が次世代機の詳細を公開した。

続きを読む
[PR]
# by tnf_blog | 2005-05-18 08:23 | REVOLUTION

東京ゲームショウ2005のテーマ決まる

 社団法人コンピュータエンターテインメント協会 (CESA) と株式会社日経BPは、9月16日~18日まで幕張メッセで開催される国内最大のゲーム見本市「東京ゲームショウ2005」のテーマを決定したと発表した。テーマは「最前列で、未来を見よう。」。

 テーマが示すとおり、今年の最大の関心事は次世代ゲーム機。E3でも次世代機が公開されるが、ゲームショウではさらに多くの次世代機向けのゲームがプレイアブルで展示され、例年になく盛り上がるだろう。
 尚、目標入場者数は15万人とのこと。

 さて、国内最大の見本市にもかかわらず、任天堂は同イベントにめったに参加しないことで有名である。5年前、ゲームキューブが発表された年も、参加しなかった(もちろん任天堂独自のゲーム展示会「ニンテンドースペースワールド」があったからとも言えるが)。5年前とは状況が全く違うので、今年は参加するのか興味のある所だ。個人的にはニンテンドースペースワールドの方が効果がありそうな気がするが。


ニュースソース
GAME Watch:「東京ゲームショウ2005」のテーマは「最前列で、未来を見よう。」次世代機のオンパレードとなるか?
[PR]
# by tnf_blog | 2005-05-17 22:13 | GAME NEWS

『ゼルダ』最新作のサブタイトルは・・・

 年内発売予定のゲームキューブ用ソフト『ゼルダの伝説(仮称)』のサブタイトルが『トワイライト プリンセス』であることが明らかになった。
 これは、海外版のロゴで確認されたもの。「トワイライト(twilight)」は「たそがれ」とか「薄明かり」などという意味なので、日本語にすると「たそがれの姫」といったところだろうか。日本版のサブタイトルは不明だが、語呂がいいので同じものになるかもしれない。

 サブタイトルから今作では光がキーワードじゃないかと勝手に予想(妄想)してみる。


ニュースソース
jeuxfrance.com
[PR]
# by tnf_blog | 2005-05-17 09:38 | NGC

コーエー過去最高益を更新

 コーエーは16日、2005年3月期の決算を発表した。

売上高:281億4000万円(△1.6%)
営業利益:94億8200万円(▲9.5%)
経常利益:122億7000万円(▲3.1%)
当期利益:74億9000万円(△5.4%)
※()は前年比 △はプラス、▲はマイナス

 売上高、当期利益ともに過去最高を記録し、6期連続の最高益更新となった。好調の理由は投資事業や、版権ビジネスが伸張したためで(投資やってたなんて初耳だが)、逆にゲーム事業は減収減益だったという。

 ゲーム事業ではPS2の『真・三国無双4』が93万本、『戦国無双 猛将伝』が42万本のヒットを記録。開発にあたって色々揉めたらしいPSPの『真・三国無双』も29万本売り上げた。『真・三国無双アドバンス』はどうだっただろうか?
 そのほか、『信長の野望 Online』の登録ユーザー数が11万人を超えたとのこと。登録したからといってみんながみんな課金しているわけではないが。こうしたヒット作はあったもののゲーム事業全体では、売上高198億4800万円(▲3.3%)、営業利益は66億8700万円(▲17.0%)と減収減益だった。

 今期の事業方針について、ニンテンドーDSとPSP向けのソフトを積極的に投入することや、次世代ゲーム機向けのソフトの研究・開発にも注力していくとしている。


ニュースソース
ITmedia:コーエー、6期連続で過去最高益更新
[PR]
# by tnf_blog | 2005-05-17 09:25 | GAME NEWS

次世代機の正式名称は「ニンテンドーレボリューション」?

 gameblog.itというブログで「NINTENDO REVOLUTION」というロゴマークの画像が掲載されている。資料か何かをスキャンしたような画像で、何種類かのロゴマークが描かれている。

 本物かどうかは掲載しているブログ内でも不明としているが、もし本当なら次世代機の正式名称は「ニンテンドーレボリューション」ということになる。個人的にレボリューションはいいネーミングだと思っていたので、ほんとなら喜ばしいことだ。

 まぁ、明日には正式に発表されるので、とやかく言う必要はないだろうが。


ニュースソース
Nintendo iNSIDE:正式名称は「NINTENDO REVOLUTION」、ロゴ画像?
gemblog.it:Ancora sul Revolution
[PR]
# by tnf_blog | 2005-05-16 15:54 | REVOLUTION

コナミ、2005年3月期実績は減収減益

 コナミは2005年3月期の連結決算を発表した。

売上高:2606億円(-4.7%)
営業利益:281億円(-30.9%)
当期利益:104億円(-47.8%)
※()は前年比

 ゲーム事業は、PS2の『メタルギアソリッド3』と『ウイニングイレブン8』がミリオンセラーを記録、ゲームキューブとPS2で発売された『パワフルプロ野球11』も累計で70万本以上を売り上げるなど好調を維持した。そのほか、アミューズメント、カジノ事業は好調だった。その反面トイ・ホビー事業は不調だったことから、全体の業績は減収減益となった。

 これまでの勢いに水を差すような決算だったわけだが、今期の業績は回復する見通し。ゲーム事業では海外での販売を拡大を目指すほか、『ときめきメモリアルオンライン』をはじめとするオンラインネットワーク事業も積極的に展開していく。『ときめも』は不安材料になりそうだが。

 アミューズメント、カジノ事業も海外での機器の販売を拡大するとしている。さらにトイ・ホビー事業は、アニメーション企画に注力し、懸念材料だったタカラの全株式を売却したことから、好転する見通しとのこと。


ニュースソース
ITmedia:コナミは減収減益、ゲームは好調
ロイター:コナミ、05年3月期連結純利益は前年比47.8%減の104億円
[PR]
# by tnf_blog | 2005-05-15 21:28 | GAME NEWS

「ニンテンドーワールド」がニューヨークにオープン

 ニューヨークのロックフェラーセンター内に14日、任天堂のハードやソフト、グッズなどを扱う、任天堂初の専門店「ニンテンドーワールド」がオープンした。ここは元々ポケモンセンターとして任天堂が営業していた場所だったが、あまり好調でなかったことから今回リニューアルされたものだ。

 店舗は2階建てで、白を基調にした店内には、最新のゲームが遊べるゲーム機が50台以上設置されている。ポケモンのグッズなどゲーム以外の関連商品も販売されているとのこと。また、かつて任天堂の主力商品だった花札(今も製造しているが)、湾岸戦争時の爆撃をくぐり抜け、壊れずに回収された「ゲームボーイ」なども展示されているとのことで、さながら博物館の様相を呈している。

 今回の専門店オープンは、任天堂のブランドイメージの向上や定着を狙ったものと見られている。新ハードが発売された暁には、この店がどのような役割を果たすのか楽しみだ。


NIKKEI NET:任天堂初の専門店、NYに開店

[PR]
# by tnf_blog | 2005-05-15 14:31 | NINTENDO NEWS