カテゴリ:NDS( 26 )

ニンテンドーDSで『たまごっち』発売

 バンダイの新作カレンダーの9月欄に、ニンテンドーDS用ソフトとして『たまごっち(仮)』が追加された。たまごっちは8年前、バンダイが発売した大ヒット玩具で、セガとの合併解消の原因ともなった曰くつきの商品。当時、その勢いは本当に凄まじく、本体がバカ売れしただけではなく、ゲーム業界にも飛び火。ニンテンドウ64やゲームボーイ、プレイステーションなどでゲーム化され、いずれも大ヒットを記録した。しかしその後は、ブームの終焉とともに大量の在庫が発生、バンダイが衰退する原因にもなったが、最近になって新型が発売され話題となった。

 たまごっちは架空の生物を育てるゲームで、基本ルールやコンセプトは『nintendogs』と似ている。新型たまごっちには通信機能がついていることから、NDS版も無線機能を利用した仕掛けが搭載されそうだ。果たして、再びたまごっち旋風が吹き荒れるのだろうか。


ニュースソース
名前のない部屋

バンダイ:新作カレンダー
[PR]
by tnf_blog | 2005-06-06 17:21 | NDS

ニンテンドーDSが中国でも発売へ

 任天堂の中国法人iQue.LTDは中国でもニンテンドーDSを発売することを明らかにした。発売日は6月15日。名称は「iQue DS』となる模様。iQueの公式サイトでは発売までのカウントダウンが始まっている。

 海賊版の氾濫が著しい中国市場だが、ニンテンドーDSは特殊な機能が目白押しのハードなだけに、さすがに簡単には海賊版が出回ったりはしないだろう(少なくともハードは)。
 また、中国ではオンラインゲームの人気が高いので、手軽にプレイできるニンテンドーDSのオンライン機能が実装されれば、大いに盛り上がることが期待される。中国人プレイヤーとオンライン対戦なんてことも夢ではないかも。


ニュースソース
Nintendo iNSIDE:中国でもニンテンドーDSが6月15日に発売

iQue
[PR]
by tnf_blog | 2005-06-03 01:59 | NDS

『ファミコンウォーズDS』公式サイトオープン

 6月23日発売予定のニンテンドーDSソフト『ファミコンウォーズDS』の公式サイトがオープンした。同ソフトは人気戦争シミュレーションゲームの最新作。将棋のコマのように、戦車や戦闘機を敵地を占領していくゲーム。

 『ファミコンウォーズDS』では2画面であることを利用し、空中戦と地上戦が連動するようになっている。また、新たにタッグバトルという新ルールが導入され、マップに投入できるショーグン(指揮官)の数が二人に増えた。これにより、生産と戦闘の役割分担をしながら攻めるといった戦法が可能となり、戦略の幅が広がった。

 このほか、ダウンロードプレイにも対応しており、対戦も手軽に楽しめるようになっている。

 ちなみにこのシリーズ、ゲームボーイ版は『ゲームボーイウォーズ』といい、ニンテンドウ64版は『64ウォーズ』という(ただし発売中止作品だが)。DS版だけわざわざ”ファミコン”という名前を冠しているのは、ファミコンブランドの復活を意思表示しているのかも。でも、今の子供たちはファミコンを知っているのだろうか??


ニュースソース
任天堂ホームページ:ファミコンウォーズDS
[PR]
by tnf_blog | 2005-06-02 19:19 | NDS

「ニンテンドーDS ミュウエディション」発売決定

 ポケモンは「ニンテンドーDS ミュウエディション」を7月8日に発売する。価格は15,000円。全国のポケモンセンター各店やポケモンセンターオンライン、携帯サイト・ポケモンひろばで、6月23荷から予約を開始する。尚、用意された数に達し次第、予約は締め切られるとのこと。

 今回の「ミュウエディション」は、映画「劇場版ポケットモンスターアドバンスジェネレーション ミュウと波導の勇者 ルカリオ」の公開を記念して発売されるもので、本体カラーが「ミュウパープル」になっているほか、本体の表面と中面には“ミュウ”のシルエットがデザインされている。

 ポケモンといえば、『ポケットモンスター パール・ダイヤモンド』の情報がそろそろほしいところ。夏ごろに公開されるのだろうか。
 


ニュースソース
電撃オンライン:予約受付は6月23日スタート!「ニンテンドー DS ミュウエディション」発売決定
[PR]
by tnf_blog | 2005-05-31 18:38 | NDS

Wi-Fiコネクションの対応ソフト発表

 ニンテンドーDSのネットワークサービス、「Wi-Fiコネクション」について、その対応ソフトが発表された。まず任天堂は『マリオカートDS』と『どうぶつの森DS』のサービスを年内に開始すると発言。

 『マリオカートDS』では最大で8人が同時にプレイすることが可能で、E3でも体験できるとのこと。『どうぶつの森DS』では遠く離れた村にすむ友人が尋ねてきたりすることが可能だという。

 このオンラインサービスは基本的に無料で利用できる(サードパーティは課金する可能性もある)上に、接続も簡単なので新しいコミュニケーションの形として注目されている。

 また現在25社のゲームメーカーが対応ソフトを開発中とのことで、その中にはコナミやナムコ、コーエーなど日本の有名メーカーも含まれている。

ニュースソース
ファミ通.com:【任天堂】『マリオカートDS』、『どうぶつの森DS』のオンラインサービスは今年末から!
[PR]
by tnf_blog | 2005-05-18 13:47 | NDS

「ニンテンドーDS」同時発売ソフトは12本

 10月7日、任天堂は「NINTENDO DS PREVIEW」を開催し、任天堂代表取締役社長岩田聡氏などが出席してニンテンドーDS(以下NDS)のコンセプトや今後の戦略などについて説明した。
 
その主な内容をまとめてみると

●ワイヤレスアダプターはGBAの通信ケーブルを無線化しただけではなく、プログラムのダウンロードするこもできる。
●さらにゲームソフトの体験版が店頭などでダウンロードできる。
●本体との同時発売ソフトは12本。
●NDSのCMにも登場した『Nintendogs(仮)』は来年の春までに発売したい。
●『ファイナルファンタジー3』がNDSに移植される。
●NDS向けに『ポケットモンスター ダイヤモンド/パール』を開発中。
●NDS発売後もGBASPに力を入れていく。
などなど。

ちなみに本体との同時発売ソフトは

スーパーマリオ64DS(任天堂)
さわるメイドインワリオ(任天堂)
ポケモンダッシュ(任天堂)
大合奏!バンドブラザーズ(任天堂)
直感ヒトフデ(任天堂)
ZOO KEEPER(サクセス)
きみのためなら死ねる(セガ)
ザ・アーブズ シムズ イン ザ シティ(エレクトロニック・アーツ)
ミスタードリラー DS(仮)(ナムコ)
研修医 天堂独太(スパイク)
頭脳に汗かく ゲームシリーズ!Vol.1 COOL 104 JOKER&SETLINE(アルゼ)
麻雀大会(コーエー)

の12本。移植作だけではなく完全新作もありなかなかバラエティに富んでいる。特に発売前から話題騒然の『きみのためなら死ねる』は期待大。どうでもいいがコーエーは麻雀ゲーム好きだな。

 また、『FF3』や新作『ポケモン』など、今後発売されるソフトも非常に楽しみなラインナップである(『ポケモン』は買ったことないけど)。ちなみに『FF3』はもともとワンダースワンカラーに移植される予定でした。さらばワンダースワン、君の事は忘れない。「3」つながりで『マザー3』もきっと発売してくれることでしょう(忘れてないよね任天堂??)。

ニュースソース↓
任天堂ホームページ
BroadBand Watch
[PR]
by tnf_blog | 2004-10-08 02:10 | NDS