カテゴリ:GBA( 8 )

『MOTHER3』の戦闘画面が公開

 4月20日発売予定の『MOTHER3』の戦闘画面が公開された。

 見た目は前作とほぼ一緒、システム的にもそれほど大きな変化ないようだ。
 N64版開発時には、これまでにない戦闘システムになるとか言っていたが(記憶が正しければコントローラを楽器のように使うとか)、GBA版の開発でそういうのはキャンセルされたのかも。ファンは気にしないんだろうけど。

http://plusd.itmedia.co.jp/games/articles/0602/28/news070.html
[PR]
by tnf_blog | 2006-03-01 03:09 | GBA

Mother3画面公開

取り上げるの遅っ!

続きを読む
[PR]
by tnf_blog | 2006-02-17 01:22 | GBA

『MOTHER3』は2006年春発売

 ほぼ日刊イトイ新聞でフライング発表がなされたのに続いて、任天堂が正式に発表。公式サイトにはロゴマークとともに2006年春発売予定の文字が。3月には『FF12』が発売するから、4月以降だろうか。

 前作『MOTHER2 ギーグの逆襲』から実に12年ぶりの新作となる。当時小学生だった人たちはすでに社会人になっているということを考えればあまりにも長い道のりであった。早いとこ具体的な内容が知りたいところだが、これだけ待たせのだから相当な傑作になることを期待したい。
 また、『MOTHER』といえばキャッチコピーやCMが独創的でやや意味不明なことで有名なので、今度はどんなのを出してくるのか興味のわくところ。

 再び、予定が未定にならないことを祈りましょう。

http://www.gpara.com/news/05/11/news200511070223.htm
http://www.yomiuri.co.jp/net/itmedia/20051108nt06.htm


 
[PR]
by tnf_blog | 2005-11-09 00:00 | GBA

『スーパーマリオブラザーズ』ミリオン達成確実

 ここまで売れるとは誰も予想してなかったと思うが、『ファミコンミニ スーパーマリオブラザーズ』が販売ベースで96万本に達し、来月中にはミリオンセラー達成確実となった。

続きを読む
[PR]
by tnf_blog | 2005-11-05 13:56 | GBA

『Mother3』がついに

http://www.1101.com/saisin/index.html

 発売の目処がたったらしい。
 ゲームキューブに鞍替えしたとかいう噂もありましたが、最終的にはGBAに落ち着いたみたいですね。よかった、よかった。

 んで、いつ頃発売すんでしょうね。まぁ、決算にそれほど影響するタイトルというわけでもないので、意地でも今期中発売するようなことはないでしょうが。
[PR]
by tnf_blog | 2005-11-04 17:00 | GBA

アトラスが『くにおくん熱血コレクション』を発売

 アトラスが、かつてファミコンなどでヒットした『熱血硬派くにおくん』シリーズのコレクションを発売する。

 『くにおくん』シリーズは今は亡きテクノスジャパンが発売していた人気アクションゲーム。正義感の強い不良・くにおくんが、悪い不良たちと殴りあったり、ドッジボールをしたり運動会をしたり時代劇を演じたりするバラエティに富んだシリーズである。ファミコンブームに乗ってヒットを記録した(ちなみにスーパーファミコンでも作品が発売されている)。

 現在、同シリーズの権利はアトラスが保有しており、第一弾として2005年8月25日に、『熱血高校ドッジボール部』と『熱血!すとりーとバスケットボール がんばれDunkHeros』を収録した『くにおくん熱血コレクション1』を発売する。
 第二弾として2005年9月~10月頃に『ダウンタウン熱血行進曲 それゆけ大運動会』と『熱血高校ドッジボール部サッカー編』を収録したものを、第三弾として2005年10月~11月頃に『ダウンタウンスペシャルくにおくんの時代劇だよ全員集合』と『いけいけ!熱血ホッケー部 すべってころんで大乱闘』を収録したものを発売する予定としている。

 広告にはぜひ氣志團を。


ニュースソース
Nintendo iNSIDE:アトラスから『くにおくん熱血コレクション』が発売決定
[PR]
by tnf_blog | 2005-05-26 03:03 | GBA

超小型GBA、ゲームボーイマイクロ公開

 最近、何度か噂になっていた新型ゲームボーイアドバンス。カンファレンスで、その噂の真相が明かされた。ゲームボーイSPに続く、新型GBA「ゲームボーイマイクロ」である。

 公開されたゲームボーイマイクロはアドバンスと同じ横長の形で、大きさは長さ約10cm、高さ約5cm、厚さは1.8cmとiPod miniより少し大きい程度だという。

 また画面はバックライトを搭載しており、GBASP以上に綺麗な描画可能とのこと。動力はGBASPとおなじリチウムイオンバッテリー。充電時間や、連続稼動時間などは不明。

 そのほか特徴としては外装が取り外し可能になっていること。これにより携帯電話で行うような着せ替えができるようだ。

 さて、このゲームボーイマイクロ、どういった位置づけのハードなのかまだよく分からないが、おそらくはファミコンにおけるニューファミコンのような存在になるのではないだろうか。

 なお、ゲームボーイマイクロは今年秋発売予定。

2005-05-18-13:30追記

 任天堂ホームページによると「GAMEBOY micro」は「ゲームボーイミクロ」と読むらしい。いや、違うだろそれ(まだ仮称だけど)。

ニュースソース
ファミ通.com:【任天堂】超小さい! ゲームボーイMicroが電撃発表!
Nintendo iNSIDE:「ゲームボーイマイクロ」情報総まとめ
任天堂ホームページ:GAMEBOY micro
[PR]
by tnf_blog | 2005-05-18 08:43 | GBA

ファミコンミニは儲かりまっか

 本日発売の『メタルギアソリッド:ツインスネーク』は一から十までリメイクされたゲームだが、一方で内容が昔のまんまのファミコンミニの勢いがすさまじい。

 発売から一ヶ月が経つが、デイリーチャートではファミコンミニの『スーパーマリオブラザーズ』がトップをひた走っているようで、販売本数はすでに20万本を突破。このままロングヒットを続ければハーフミリオンも夢ではない。『アイスクライマー』や『ゼルダの伝説1』も地味に売上を伸ばしているので、シリーズ全体で100万本を突破する可能性も考えられる。
 一本2000円と単価は安いが、開発費も安いから結構な利益にはなっているだろう。塵も積もれば山となるとはこのことだ。ファミコンパワーおそるべし。

 関係ないが今日はネオジオの『KOF2003』の発売日でもあったりする。これまた違う意味で内容がそのまんまのゲームだ。39800円というとんでもない値段なのだが、好きな人はやっぱ買うんだろうなぁ・・・。
[PR]
by tnf_blog | 2004-03-11 09:27 | GBA