ファミコンミニは儲かりまっか

 本日発売の『メタルギアソリッド:ツインスネーク』は一から十までリメイクされたゲームだが、一方で内容が昔のまんまのファミコンミニの勢いがすさまじい。

 発売から一ヶ月が経つが、デイリーチャートではファミコンミニの『スーパーマリオブラザーズ』がトップをひた走っているようで、販売本数はすでに20万本を突破。このままロングヒットを続ければハーフミリオンも夢ではない。『アイスクライマー』や『ゼルダの伝説1』も地味に売上を伸ばしているので、シリーズ全体で100万本を突破する可能性も考えられる。
 一本2000円と単価は安いが、開発費も安いから結構な利益にはなっているだろう。塵も積もれば山となるとはこのことだ。ファミコンパワーおそるべし。

 関係ないが今日はネオジオの『KOF2003』の発売日でもあったりする。これまた違う意味で内容がそのまんまのゲームだ。39800円というとんでもない値段なのだが、好きな人はやっぱ買うんだろうなぁ・・・。
[PR]
by tnf_blog | 2004-03-11 09:27 | GBA
<< 『メタルギアソリッドツインスネ... 任天堂株がここんとこ好調 >>