ドワンゴがスパイクを買収

 ドワンゴがスパイクの株式の80パーセントを取得し、子会社化することを明らかにした。



 ドワンゴは、フリーソフト開発集団のBio_100%のメンバーを中心に1997年に設立され、当初はマイクロソフトの下請けとして、ドリームキャストのWindowsCEのサポート業務を主に行っていた。その後、ネットワーク配信技術の開発を手がけるようになり、現在ではゲーム機のミドルウェアの開発や、着メロ配信などのモバイルコンテンツの開発・販売が中心になっている。また、2ちゃんねる掲示板の正式なスポンサーでもある。

 今年4月にチュンソフトを買収しており、今回のスパイク買収によって、3社でゲーム事業を統括する中間持ち株会社を設立させる予定だという。それぞれの独自ブランドはそのまま存続させるため、発売元などは変わらないものと思われる。

http://www.dengekionline.com/data/news/2005/11/14/cfa3f787725c2a34efc32ffeb88e07f5.html
[PR]
by tnf_blog | 2005-11-15 19:15 | GAME NEWS
<< テクモがレボリューションに参入 コナミカップ アジアシリーズ、... >>