親がゲームに夢中で、娘死亡

 韓国の話。
 仁川(インチョン)南洞(ナムドン)警察署は14日、インターネットカフェでゲームに熱中し、家に残してきた生後4ヶ月の娘を窒息死させたとして、A容疑者(29)夫婦を書類送検したそうな。

 A夫婦は娘が眠っているのを確認しネットカフェへ行ったが、帰宅してみると娘はうつぶせで鼻と口を床に押し付けた状態で窒息死したという。一見、事故のようにも思えるのだが、警察署は親の責任を重く見て、今回書類送検に踏み切ったようだ。

 ネットゲーム先進国である韓国ならではともいえる今回の事件だが、急速に普及が進む日本も他人事ではないだろう。ゲームに熱中するのはいいが、大切なことを忘れないようにしたいものだ。


ニュースソース
中央日報:親がゲームに没頭…生後4カ月の娘が窒息死
[PR]
by tnf_blog | 2005-06-14 22:45 | ETC
<< 『三国志DS』、9月発売決定 米国子供のブランド調査、任天堂が人気 >>