米国子供のブランド調査、任天堂が人気

 米国の調査会社Decision Analysの最新のブランド調査で、小さな子どもが最もクールだと思うブランドは任天堂であることが分かった。



 この調査は、8歳から~17歳670人にクールだと思うブランドを3つあげてもらうというもので、8歳から12歳と13歳から17歳に分けてまとめている。

8歳~12歳
42% 任天堂(ゲームメーカー)
36% ディズニー(映画・テーマパーク)
31% マクドナルド(ファーストフード店)
21% ナイキ(スポーツ用品メーカー)
20% Hummer(自動車メーカー)
下位3%程度 トヨタ(自動車メーカー)、フォルクスワーゲン(自動車メーカー)、リーバイス(ジーンズメーカー)、Dell(コンピュータメーカー)、フォード(自動車メーカー)、スターバックス(コーヒー専門店)

13歳~17歳
26% ナイキ
23% Hummer
21% Abercrombie(衣類メーカー)、ソニー(情報家電メーカー)、任天堂
下位4% フォード、リーバイス、バーガーキング(ファーストフード店)
下位3% フォルクスワーゲン
下位1% トヨタ

 8~12歳では、ディズニーなどを押しのけて1位。13~17歳でもソニーなどとならんで3位となっている。日米問わず子供たちの間では、任天堂が強いことが明らかになった。
 個人的に意外だったのが、クールさを前面に押し出した戦略をとっているアップルコンピュータがランクインしていないこと。子供には受けないのか、知名度が低いだけなのか。

 その昔、米国の子供たちが支持するキャラクターという調査で、マリオがミッキーマウスを押しのけて1位になったことがあるが、今同じ調査をすればポケモンが1位になるかも。


ニュースソース
QUITER:米国子供のブランド調査、任天堂が人気
[PR]
by tnf_blog | 2005-06-14 16:22 | NINTENDO NEWS
<< 親がゲームに夢中で、娘死亡 レボリューションはHDをサポートせず >>