レボリューションはHDをサポートせず

 NOAのPerrin Kaplan氏はIGNに対して「レボリューション」でHDTVには対応しないことを明らかにした。



 HDTVとは、従来のテレビよりも走査線を増やした(従来は525本、HDTVは1125本もしくは1250本)高画質のテレビ方式のことで、画面サイズが16:9といういわゆるパノラマサイズで表示される。

 現行のゲーム機でHDTVに対応しているのはXboxだけで(ただし1920×1080の所謂フルHDには対応していない)、ゲームキューブとPS2はプログレッシブにのみ対応している。PS3とXbox360はフルHD対応を機能の目玉の一つとしてアピールしていたが、任天堂は価格を上乗せしてまで搭載する価値はないと判断したようだ。

 まぁ、確かにそうかもしれないが、そんなあっさり切り捨てていいのかと言われると疑問が残る。迫力のあるグラフィックを見せる方法のひとつだし、何より北米ではすでにかなりHDTVが普及していることから、マイナスイメージを植えつけてしまう可能性もある。せめて720pに対応させてみてはどうだろう。
 これについて『スターウォーズ ローグスコードロン』などを発したFactor5のJulian Eggebrecht氏が批判的な意見を述べている。PS3に絞るとかいってたくせに、何を今更という気もするが、開発者としてはこだわらずにはいられないのだろう。

ニュースソース
Nintendo iNSIDE:「レボリューション」はHDをサポートせず

[PR]
by tnf_blog | 2005-06-14 15:55 | REVOLUTION
<< 米国子供のブランド調査、任天堂が人気 サンワサプライがファミコン似の... >>