アップル、インテル製プロセッサ採用を正式に発表

 CNETは、アップルコンピュータが米国時間6日にも、IBMのPowerPCの採用をやめ、インテル製のプロセッサに切り替えることを正式発表すると報じていたが、アップルのCEOのSteve Jobsは7日に開催された「WWDC(Worldwide Developer Conference)」の基調講演で、これを正式に発表した。

 アップルのMacintoshは1994年以降、プロセッサをIBMのPowerPCを採用してきた。最新版はPowerPC G5で、パソコン向けのCPU初の64bitプロセッサだった。MacにとってはMotorola 68000系からの移行以来の大きな転換となるが、PowerPCの採用を止める理由については「最高のマシンをつくるため」としている。

 アップルのプロセッサ移行は、IBMにとって大きな痛手となるが、PowerPCは現在ゲームキューブのメインプロセッサとして採用されているほか、次世代ゲーム機全てに搭載されることが決まっており、すでにパソコン以外の分野への浸透が始まっている。今後はこうしたホームエンタテイメントで生き残りを図ることになるだろう。

 2006年にはインテル製プロセッサ搭載のMacが出荷され、2007年には全て移行が完了するという。それはともかく、これから買おうという人はどうすりゃいいんだろうか。


ニュースソース
CNET JAPAN:アップル、IBMを見限る--Macにインテル製プロセッサを採用へ

CNET JAPAN:S・ジョブズ、認める--アップルのインテルチップ採用が確定

ITmedia:[WSJ]Apple、WWDC基調講演でIntelプロセッサ採用発表へ

Narinari.com:米アップル、Intelプロセッサ採用を正式発表。
[PR]
by tnf_blog | 2005-06-07 01:49 | GAME NEWS
<< 任天堂が経営方針説明会開催 ニンテンドーDSで『たまごっち』発売 >>