ニンテンドーDSで『たまごっち』発売

 バンダイの新作カレンダーの9月欄に、ニンテンドーDS用ソフトとして『たまごっち(仮)』が追加された。たまごっちは8年前、バンダイが発売した大ヒット玩具で、セガとの合併解消の原因ともなった曰くつきの商品。当時、その勢いは本当に凄まじく、本体がバカ売れしただけではなく、ゲーム業界にも飛び火。ニンテンドウ64やゲームボーイ、プレイステーションなどでゲーム化され、いずれも大ヒットを記録した。しかしその後は、ブームの終焉とともに大量の在庫が発生、バンダイが衰退する原因にもなったが、最近になって新型が発売され話題となった。

 たまごっちは架空の生物を育てるゲームで、基本ルールやコンセプトは『nintendogs』と似ている。新型たまごっちには通信機能がついていることから、NDS版も無線機能を利用した仕掛けが搭載されそうだ。果たして、再びたまごっち旋風が吹き荒れるのだろうか。


ニュースソース
名前のない部屋

バンダイ:新作カレンダー
[PR]
by tnf_blog | 2005-06-06 17:21 | NDS
<< アップル、インテル製プロセッサ... ニンテンドーDSが中国でも発売へ >>