ナムコが50周年、「パックマン」ギネス認定証授与

 ナムコは6月1日、同社の創業50周年イベントを開催した。その中で、『パックマン』が業務用ゲームの中で最も成功したゲームとして、ギネスに認められ、認定証の授与式が行われた。

 『パックマン』は1980年に発売された業務用ゲーム。パックマンがゴーストをかわしながらエサを食べつくすというシンプルなゲームで、ファミコンなどにも移植された。業務用は1987年までに全世界で29万3,822台も販売し、今回この実績がギネスに認められた。ちなみに、パックマンはどちらかといえば海外のほうが人気が高く、北米でアニメ化されたことがあるほど。

 業務用といえば『ストリートファイター2』とか『バーチャファイター2』とかの方がヒットしてそうなイメージがあるが、歴代首位は意外にも『パックマン』だったわけで、今後この記録を抜くようなヒット作が生まれることを期待したいが、如何せん業務用は縮小する傾向にあるのが現実、なかなか難しいだろうなぁ。


ニュースソース
Fujisankei Business i:ナムコ50周年「パックマン」 ギネス登場お祝い
[PR]
by tnf_blog | 2005-06-03 01:28 | GAME NEWS
<< スクウェア・エニックス、プライ... 『ファミコンウォーズDS』公式... >>