セガサミー、売上高で任天堂を抜く

 セガサミーホールディングスが5月24日に2005年3月期連結決算を発表した。

売上高:5156億円
営業利益:1050億円
当期利益:505億円

 2004年10月にセガとサミーが統合して誕生したセガサミーホールディングスだが、2005年3月期は、子会社・セガのゲームソフトの販売が落ち込んだものの、子会社・サミーのパチスロ機器の好調な販売がそれを補い、売上高で任天堂を抜いた。Mainichiではセガサミー首位などとのたまっているが、売上高7000億円以上を誇るSCEの存在を忘れたんだろうか。

 今後はさらに販売拡大に努め、同社の計画によれば2008年3月期には売上高が8000億円に達する見込みだという。本当にそうなれば、再びセガ製のハードウェアの誕生を望む声が高まるかも。嘘。


ニュースソース
Mainichi INTERACTIVE:ゲーム6社決算 セガサミー首位に 3社が増収増益
[PR]
by tnf_blog | 2005-05-28 01:46 | GAME NEWS
<< レボリューションとゲームボーイ... ゲーム市場、8年ぶりに1兆円を下回る >>