ゲーム市場、8年ぶりに1兆円を下回る

 コンピュータエンターテインメント協会(CESA)が5月26日発表した、2004年の家庭用ゲーム機のハードとソフトの出荷額は9091億円で、1996年以来8年ぶりに1兆円を下回った。
 これはゲームキューブやプレイステーション2など据え置き型のゲーム機の普及が一段落したことや、本体価格の下落などにより、ハードの出荷額が前年比37.1%減の4407億円と大幅減になったためとしている。
 しかし、ソフトは『ドラゴンクエスト8』のヒットなどもあり、前年比9.0%増の4684億円と4年ぶりに前年を上回った。

 今年の見通しについて、CESAはニンテンドーDSやPSPなどの新ハードの普及がいっそう進むことや、年末には据え置き型でも新ハード(xbox360)が発売予定などから、市場全体の金額も増加するだろうとしている。また近年縮小傾向だったゲーム市場だが、2004年で底を打つのではと分析している。


ニュースソース
YOMIURI ONLINE:ゲーム機・ソフト出荷額、8年ぶり1兆円下回る
[PR]
by tnf_blog | 2005-05-27 14:36 | GAME NEWS
<< セガサミー、売上高で任天堂を抜く 任天堂、大幅な増益を記録 >>