Wi-Fiコネクションの対応ソフト発表

 ニンテンドーDSのネットワークサービス、「Wi-Fiコネクション」について、その対応ソフトが発表された。まず任天堂は『マリオカートDS』と『どうぶつの森DS』のサービスを年内に開始すると発言。

 『マリオカートDS』では最大で8人が同時にプレイすることが可能で、E3でも体験できるとのこと。『どうぶつの森DS』では遠く離れた村にすむ友人が尋ねてきたりすることが可能だという。

 このオンラインサービスは基本的に無料で利用できる(サードパーティは課金する可能性もある)上に、接続も簡単なので新しいコミュニケーションの形として注目されている。

 また現在25社のゲームメーカーが対応ソフトを開発中とのことで、その中にはコナミやナムコ、コーエーなど日本の有名メーカーも含まれている。

ニュースソース
ファミ通.com:【任天堂】『マリオカートDS』、『どうぶつの森DS』のオンラインサービスは今年末から!
[PR]
by tnf_blog | 2005-05-18 13:47 | NDS
<< 『ゼルダの伝説』の続報 超小型GBA、ゲームボーイマイ... >>