東京ゲームショウ2005のテーマ決まる

 社団法人コンピュータエンターテインメント協会 (CESA) と株式会社日経BPは、9月16日~18日まで幕張メッセで開催される国内最大のゲーム見本市「東京ゲームショウ2005」のテーマを決定したと発表した。テーマは「最前列で、未来を見よう。」。

 テーマが示すとおり、今年の最大の関心事は次世代ゲーム機。E3でも次世代機が公開されるが、ゲームショウではさらに多くの次世代機向けのゲームがプレイアブルで展示され、例年になく盛り上がるだろう。
 尚、目標入場者数は15万人とのこと。

 さて、国内最大の見本市にもかかわらず、任天堂は同イベントにめったに参加しないことで有名である。5年前、ゲームキューブが発表された年も、参加しなかった(もちろん任天堂独自のゲーム展示会「ニンテンドースペースワールド」があったからとも言えるが)。5年前とは状況が全く違うので、今年は参加するのか興味のある所だ。個人的にはニンテンドースペースワールドの方が効果がありそうな気がするが。


ニュースソース
GAME Watch:「東京ゲームショウ2005」のテーマは「最前列で、未来を見よう。」次世代機のオンパレードとなるか?
[PR]
by tnf_blog | 2005-05-17 22:13 | GAME NEWS
<< レボリューションがついに公開 『ゼルダ』最新作のサブタイトル... >>