コーエー過去最高益を更新

 コーエーは16日、2005年3月期の決算を発表した。

売上高:281億4000万円(△1.6%)
営業利益:94億8200万円(▲9.5%)
経常利益:122億7000万円(▲3.1%)
当期利益:74億9000万円(△5.4%)
※()は前年比 △はプラス、▲はマイナス

 売上高、当期利益ともに過去最高を記録し、6期連続の最高益更新となった。好調の理由は投資事業や、版権ビジネスが伸張したためで(投資やってたなんて初耳だが)、逆にゲーム事業は減収減益だったという。

 ゲーム事業ではPS2の『真・三国無双4』が93万本、『戦国無双 猛将伝』が42万本のヒットを記録。開発にあたって色々揉めたらしいPSPの『真・三国無双』も29万本売り上げた。『真・三国無双アドバンス』はどうだっただろうか?
 そのほか、『信長の野望 Online』の登録ユーザー数が11万人を超えたとのこと。登録したからといってみんながみんな課金しているわけではないが。こうしたヒット作はあったもののゲーム事業全体では、売上高198億4800万円(▲3.3%)、営業利益は66億8700万円(▲17.0%)と減収減益だった。

 今期の事業方針について、ニンテンドーDSとPSP向けのソフトを積極的に投入することや、次世代ゲーム機向けのソフトの研究・開発にも注力していくとしている。


ニュースソース
ITmedia:コーエー、6期連続で過去最高益更新
[PR]
by tnf_blog | 2005-05-17 09:25 | GAME NEWS
<< 『ゼルダ』最新作のサブタイトル... 次世代機の正式名称は「ニンテン... >>