「ニンテンドーワールド」がニューヨークにオープン

 ニューヨークのロックフェラーセンター内に14日、任天堂のハードやソフト、グッズなどを扱う、任天堂初の専門店「ニンテンドーワールド」がオープンした。ここは元々ポケモンセンターとして任天堂が営業していた場所だったが、あまり好調でなかったことから今回リニューアルされたものだ。

 店舗は2階建てで、白を基調にした店内には、最新のゲームが遊べるゲーム機が50台以上設置されている。ポケモンのグッズなどゲーム以外の関連商品も販売されているとのこと。また、かつて任天堂の主力商品だった花札(今も製造しているが)、湾岸戦争時の爆撃をくぐり抜け、壊れずに回収された「ゲームボーイ」なども展示されているとのことで、さながら博物館の様相を呈している。

 今回の専門店オープンは、任天堂のブランドイメージの向上や定着を狙ったものと見られている。新ハードが発売された暁には、この店がどのような役割を果たすのか楽しみだ。


NIKKEI NET:任天堂初の専門店、NYに開店

[PR]
by tnf_blog | 2005-05-15 14:31 | NINTENDO NEWS
<< コナミ、2005年3月期実績は... 「レボリューション」の発売は来年 >>