「レボリューション」の発売は来年

 任天堂は13日、「レボリューション」の発売が来年になることを明らかにした。これにより、マイクロソフトのXbox360に遅れをとることになり、また最大の需要時期であるクリスマス商戦を逃すことになる。

 また、「レボリューション」の供給メディアは12センチの光ディスクになるとのことだが、詳しい規格は不明。本体のサイズは、一般的なDVD映画ソフトのパッケージを3枚程度重ねた厚みになるとのこと。

 任天堂がよく分からない時期に新ハードを投入してくるのは、N64からの伝統ともいえるが、据え置き型では本当に切羽詰ってるといっていい現在の状況において、あっさりと来年に延期するのはいかがなものか。PS3でさえ年内発売もあり得るとしているのに・・・。

 クリスマス商戦には『ゼルダ』と『マリオパーティ』で勝負するつもりなのかもしれないが、新ハード発売に比べると、如何せん分が悪いと思われる。せめて、他のハードより魅力的なものであることを願いたい。

 ただ、今回のソースは日経というのが味噌。ガセネタの可能性もあるので鵜呑みにはできないかも・・・(というか、ガセであってほしい)。

2005-05-16-15:42追記
 ロイターでも同じ情報が掲載されたことから来年発売は確定的と思われる。


ニュースソース

NIKKEI NET:任天堂の次世代ゲーム機、発売は来年に

ロイター:任天堂、次世代家庭用ゲーム機を2006年に発売へ
[PR]
by tnf_blog | 2005-05-15 03:53 | REVOLUTION
<< 「ニンテンドーワールド」がニュ... タカラとトミーが合併を正式発表 >>