ハドソンが2005年3月期決算を発表:本社を東京に移転

 ハドソンが2005年3月期決算を発表した。コナミの連結子会社になるなど厳しい経営が続いている同社だが、決算内容はそうした経営を象徴するかのような厳しいものとなった。

売上高:118億2000万円
営業利益:▲14億3100万円
経常利益:▲13億6400万円
当期利益:▲82億3800万円
※▲はマイナス

とのことで、ソフトの開発中止や、商品化見送りによって66億円もの特別損失を計上したことで、利益の「り」の字も見えないほどの大幅な赤字決算となった。

 今後の事業方針についてハドソンは、「DIGITAL HUDSON」というテーマを掲げ、コンシューマに限らず携帯電話やオンラインゲームなどネットワーク分野に経営資源を集中させていくという。また、事業の迅速化を促すため、本社を現在の札幌から東京に移転すると発表した。ただし札幌も開発拠点として残すとのこと。今後は東京を中心に事業を展開していく。

 今期のコンシューマゲームのラインナップについては、『天外魔境2』を夏にニンテンドーDSで、『天外魔境 第四の黙示録』を秋にPSPで、『桃太郎電鉄』最新作と『ボンバーマンランド3』をそれぞれ年末と秋にPS2で発売するとしている。『桃鉄』以外は微妙なラインナップだと思う。

 また『マリオパーティ』の最新作の開発受託もしているようで、例年通り年末に発売されそうだ。


ニュースソース
Nintendo iNSIDE:ハドソン『マリパ』最新作開発、『天外魔境II』がDSで

北海道新聞:ハドソンが東京に本社移転へ
[PR]
by tnf_blog | 2005-05-12 15:55 | GAME NEWS
<< 『ポケモンXD闇の旋風ダークル... タカラとトミーが経営統合へ >>