「ニンテンドーDS」同時発売ソフトは12本

 10月7日、任天堂は「NINTENDO DS PREVIEW」を開催し、任天堂代表取締役社長岩田聡氏などが出席してニンテンドーDS(以下NDS)のコンセプトや今後の戦略などについて説明した。
 
その主な内容をまとめてみると

●ワイヤレスアダプターはGBAの通信ケーブルを無線化しただけではなく、プログラムのダウンロードするこもできる。
●さらにゲームソフトの体験版が店頭などでダウンロードできる。
●本体との同時発売ソフトは12本。
●NDSのCMにも登場した『Nintendogs(仮)』は来年の春までに発売したい。
●『ファイナルファンタジー3』がNDSに移植される。
●NDS向けに『ポケットモンスター ダイヤモンド/パール』を開発中。
●NDS発売後もGBASPに力を入れていく。
などなど。

ちなみに本体との同時発売ソフトは

スーパーマリオ64DS(任天堂)
さわるメイドインワリオ(任天堂)
ポケモンダッシュ(任天堂)
大合奏!バンドブラザーズ(任天堂)
直感ヒトフデ(任天堂)
ZOO KEEPER(サクセス)
きみのためなら死ねる(セガ)
ザ・アーブズ シムズ イン ザ シティ(エレクトロニック・アーツ)
ミスタードリラー DS(仮)(ナムコ)
研修医 天堂独太(スパイク)
頭脳に汗かく ゲームシリーズ!Vol.1 COOL 104 JOKER&SETLINE(アルゼ)
麻雀大会(コーエー)

の12本。移植作だけではなく完全新作もありなかなかバラエティに富んでいる。特に発売前から話題騒然の『きみのためなら死ねる』は期待大。どうでもいいがコーエーは麻雀ゲーム好きだな。

 また、『FF3』や新作『ポケモン』など、今後発売されるソフトも非常に楽しみなラインナップである(『ポケモン』は買ったことないけど)。ちなみに『FF3』はもともとワンダースワンカラーに移植される予定でした。さらばワンダースワン、君の事は忘れない。「3」つながりで『マザー3』もきっと発売してくれることでしょう(忘れてないよね任天堂??)。

ニュースソース↓
任天堂ホームページ
BroadBand Watch
[PR]
by tnf_blog | 2004-10-08 02:10 | NDS
<< 「レボリューション」リーク情報 任天堂がアニメーション制作に進出 >>